• 1971年、26人の人材が韓国投資金融のバッジをつけました。 そしてハナ金融グループでは今、優れた金融知識と特別な資産管理能力を有した21,997人の人材がハナ金融グループと共に夢を育てています。

  • ハナ金融グループは、1971年の2つの支店から始まり、優れた成果を重ねた結果、2020年12月時点で1,009の国内外のネットワークを通して、名実共に韓国最大のグローバル金融グループとしての基盤を固めました。

  • ハナ金融グループは、その母体となった韓国投資金融の1兆5千億ウォンの資産を基盤に、1991年に銀行に転換しました。ハナ金融グループはその後、実に232倍以上の資産成長を遂げ、2020年12月基準で総資産460兆ウォンを記録しました。

  • ハナ銀行は1998年誌が集計した世界の銀行ランキングで578位でした。 わずか22年後の今、ハナ金融グループは世界81位(基本資本ベース)まで順位を上げ、世界100大金融グループ入り ました。

※ 2020年 12月基準

  • 2012~ グローバル金融グループへの飛躍

    ハナ金融グループの新しい時代が金正泰2代目会長の就任と共に新しい幕を開けた。これに加え 海外ネットワークの拡大を通じ、国内を越えて専門的かつ差別化されたグローバル金融サービスを提供することができる基盤を整えた。 業務領域の多様化と韓国最大のグローバルネットワークを基盤に、韓国最高を越えて世界的な金融グループに飛躍するハナ金融グループの新しい歴史はすでに始まっている。
  • 総合金融グループとしての飛躍( 2005~2011 )
  • リーディングバンクの基盤構築 ( 1991~2005 )
  • 韓国投資金融の誕生 ( 1971~1991 )